タイトルは、「ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。」という本の最後に書いてあった言葉になるのですが、とても深い言葉、内容でした。ぼくは自分の人生に、後悔がまったくない(中略)ぼくが自分の人生に後悔がないといえるのは、すべてを自分で選んできたか ...