価値主義を生きる

ファッションを中心にビジネスや投資に対して【価値】にフォーカスしたブログです-価値主義を生きる-

カテゴリ: ビジネス

使えば使うほど魅力が増していくことや、自分色に育てるといったことをファッションでは「経年変化を楽しむ」という言い方をしますよね。代表的なのが、デニムやレザーといった素材から生まれる味わいのことです。自分の体やクセがつくり出した色落ちや刻み込まれたシワや深 ...

アパレル業界について発信する多くの方(メディア含め)が、なぜこんなにも「威張っている」のかが不思議でなりません。業界が不況だからか、揚げ足取り、文句、罵倒、現状論を淡々と述べる、といった”誰のためにもならない”情報が蔓延しまくっています。現状を打破し、未 ...

いい上司になるために必要なことがあります。それは、自分の人生でより多くの「決断」をすることです。逆に、自分で決断してこなかった人が人の上に立ったとき、極めてダメな上司である可能性が高いのです。自分のしてきた決断の積み重ねがどれだけあるか決断を判断という言 ...

信頼されるヒト、信頼されるサービス、モノって一体なんだと思いますか?もっともわかりやすい表現をすると、”心で記憶されること”ではないでしょうか。心で記憶されること、それが信頼のはじまりなのです。島田紳助がNSCで語った【伝説の講義】を知っていますか?    ...

AV男優しみけんが、”「モテる人」と「嫌われる人」の差”というタイトルで書いたブログが、私生活のみならず、ビジネスにおいても非常に重要な内容だったので、必読です。参考記事:「モテる人」と「嫌われる人」の差しみけん氏の実体験で、端的にわかりやすくコミュ力が無 ...

Twitter上で激論を交わしていたZOZO田端さんと、NPO法人ほっとプラス藤田さんの生討論直接バトルがAbemaTVで開催された。この結果、どっちが良くてどっちが悪いという話は置いておきます....。(詳しくは、Twitterで #田端藤田の生討論 のハッシュタグで見て頂ければ一目瞭然 ...

ビジネスマンをサッカーに例えると、攻撃型(FW)、コントロール型(MF)、守備型(DF)とざっくり分けられると思う。そんな中でも、FW型タイプのビジネスマンの心に刺さる言葉を紹介したい。「仕事は、自分がいなかったら起こらなかったであろう、違いを生み出すためにやる ...

高めるべきことは、社内評価ではありません。市場における自分の評価と価値です。しょうもない上司や組織の中での評価ばかり気にしている人は、社畜だと気づきましょう。社畜というのは、簡単に言えば「会社の奴隷」ということです。自分の意思で働いていない会社に飼いなら ...

最近のZOZO前澤社長のツイートの威力が凄まじい。勝手な推測だが、元LINEの田端さん(@tabbata)が入社してから、活発に(戦略的に)発信するようになった。ZOZOスーツで話題を巻き起こしている大注目企業ZOZO(10月にスタートトゥデイから社名変更予定)ですが、そもそも既 ...

ホリエモンの本「自分のことだけ考える。」を読み終え、改めて前に進むこと・行動することの重要性を再認識した。メンタル本と称される本作品からは、「他人や、ほかのことに言い訳をつくるな」というホリエモンの強烈なメッセージを感じ取ることができた。(146)自分のことだ ...

↑このページのトップヘ