年齢とともに着る洋服のテイストが変わったり、好みのファッションジャンルが変わるのは当然ありえることである。しかし、元々好きだったブランドのテイストが変わってしまったり、かっこいいと思っていたものがダサいと感じるようになってしまい、「好きだったブランドから離れざるを得なくなる」という変わり方は、悲しいことである。

これは実際に僕のことだが、10年以上好きだった「ルード系ファッション」から違うファッションシーンへ移り変わろうとしている。しかも変わる理由は、上述の「好きだったブランドから離れざるを得なくなる」からである。

簡単に言ってしまえば、着たいと思えるテイストではなくなってしまったからです。具体的な理由は以下の記事で書いてますので、是非読んでみてください。

参考記事:ストリートやルード系ファッションの東京ブランドがポップな方向に行き過ぎてませんか?

とはいえ、ファッションとしてアメカジ・ワーク・ミリタリーテイストが嫌いになったわけではなく、これらは自分のファッションのベースとして、ずっと生き続けると思っている。

そして、アメカジ・ワーク・ミリタリーよりのスタイルであれば、これからはオールドジョーとフィグベルの2ブランド推しと決めた。理由は大きく二つある。


ベーシックアイテムの圧倒的な突き抜けた感

日本語として正しくないかもしれませんが、、ベーシックなアイテムにこそ込められたブランドとしての、プライド・ポリシー・クオリティに最大の魅力を感じ取ることができるから。洋服の原型って、昔の作業着や制服、軍服などからある程度決まっています。これら洋服としてのベーシックアイテムを、オールドジョーとフィグベルは一貫して強烈に(いい意味で)現代版へアップデートしたアイテムを展開しています。

古臭くなく、かといって今主流のポップ感を決してにおわせない「大人の雰囲気」こそ、年を重ねてきた僕らの気分にマッチしています。


わちゃわちゃしていない

この表現が一番伝わるので、使いますが、他のブランドから足が遠のいたのは、わちゃわちゃしすぎるからなんです。具体的には大胆なプリントや、刺繍が強すぎるところです。

また、色使いや生地・織り方をめちゃくちゃこだわってアイテムに表現することは、「他にない価値」という意味では素晴らしいのですが、これが前面に出て一辺倒過ぎると、相対的にわちゃちゃしてるだけになってしまうのです。

何より最悪なのは、ベーシックアイテムに「ブランドなりのエッセンス」を派手に加えてしまい、結果的に基本のベーシックアイテムですら、わちゃわちゃさせてしまっていることです。これが、今のルード系といわれるブランドに多すぎるのです。素材などのものづくりとしてのクオリティは高いのに、過度な表現にうんざりしてしまっているのです。

要するに、柄系のアイテムがうっとうしすぎる。その反面、オールドジョーとフィグベルはベースが全くわちゃわちゃしていないので、消費者を「わかってるよなぁ」と思います。そして、こういうブランドがスポットアイテム的に展開する総柄アイテムは、逆にめちゃくちゃかっこいいのです。

逆の法則というか、ないものねだりの心理に突き刺さるインパクトを与えてくれるんですね。これが「大人の洋服好きのツボ」を見事に押してくる。


もちろん、総柄全面のごりごりのブランド、スタイルが好きな人もいるでしょうが、僕はかっこいいとは思えません。オールドジョーとフィグベルは、これからの10年・20年先をも楽しませてくれる大人のファッションブランドではないでしょうか。