レッドウィング(REDWING)の「1930s スポーツオックスフォード」は、数あるローカットブーツの中で特におすすめです。

ローカットの革靴、いわゆる短靴をお探しならこれを選んでおけば間違いなし!


1930s Sport Oxford / スポーツオックスフォード


おすすめ理由は以下3つ。


・ブーツとは思えない履きやすさ

・どんなコーディネートにも合う

・エイジング、経年変化を楽しめる


それぞれを解説していきます。


ブーツとは思えない履きやすさ


スポーツオックスフォード最大の特徴は、スニーカー感覚で履けると言われる抜群の履きやすさ

ブーツでなぜスニーカー感覚を実現できるのか?

これには理由が2つあります。


まず1つ目は、つま先に先芯を入れないフラットボックス仕様となっていること。

通常、ブーツのつま先には芯が入っていて固いですよね。

これは、形を保つためであったりするわけですが、レッドウィングのスポーツオックスフォードには、芯が入っていません。

なので、つま先がグニャっと柔らかいんです。

この ”通常のブーツ” と真逆なところが、アクティブな動きでも快適に履けることを実現しています。

(芯が無いと形が崩れるのでは?と疑問を持たれるかもしれませんが、この部分については後半解説しています)


2つ目は、グリップ力の高いソールが使われていること。

アウトドアを含めた様々な環境で常に高いグリップを得るべく、開発されたグロコード「King-B」ソールを採用しています。

実際履いてみると実感できるんですが、一般的な革靴よりはるかに快適!


ハイキング、ゴルフといったスポーツから、ワークや日常履きにと、マルチユースな靴として1920年代半ばから1940年代前半まで存在していたブーツを再現したのが、スポーツオックスフォード。

言ってしまえば、当時のスニーカーだったわけです。


どんなコーディネートにも合う




この投稿をInstagramで見る

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 昔の人は革靴もスニーカーみたいに履いてたんだなあ 今のスニーカーは軽くて履きやすくてカラフルで可愛い ポストマンが欲しいと言い続けて違うのを買った人 だがしかし来年までには黒のポストマンが欲しい ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ #靴 #革靴 #レッドウィング #redwing #茶色コーデ #スポーツオックスフォード #ポストマン #欲しいな #古着好きな人と繋がりたい #古着 #古着男子 #古着女子

里花子(@kawagi5)がシェアした投稿 -



短靴であるオックスフォードブーツは、コーディネートを限定させません。

ドレス寄りからカジュアルコーデどちらにも対応可能。

僕個人的には、細いパンツ、太いパンツどちらもいけるブーツの存在ってとても重宝すると感じている派です。

また、ローカットモデルは、季節問わず履けるところもいいですよね。



エイジング、経年変化を楽しめる


この投稿をInstagramで見る

季節が春へとシフトしているこの時期、オックスフォードシューズコーディネートに加えることで、より春らしいスタイリングが完成します。 レッド・ウィングの1930sスポーツ・オックスフォードは、1920年代半ばから1940年代の初めまでの約20年間存在し、当時のレッド・ウィングのベストセラー短靴であった、スポーツ・オックスフォードを再現したものです。 その当時、ハイキングやゴルフといったアウトドアでのスポーティーな用途に向けて開発されたスポーツ・オックスフォード。当時はまだ珍しかった、マルチユースな 革靴として高い評価を得てベストセラーとなりました。スニーカーが室内でのスポーツ競技用の専門的な靴であり、現代のように幅広く履かれることのなかった当時、このモデルは、現在のスニーカーのように汎用性の高い靴として支持されました。 レッド・ウィングがその時代に採用し始めたモカシンタイプのつま先(モックトゥ)デザインを、先芯を入れないフラットボックス仕様としたことで、アクティブな動きの中でも快適に履くことができました。ソールはグロコード「キングB」ソールを復刻して使っています。このソールは、グリップの良いラグパターンを持つ画期的なソールとしてアメリカで開発され、アウトドア用の靴から日常履けるスポーティーな靴まで、幅広く使われました。これらの特長は、今日のタウンユースでも十分通用する機能です。本格的なグッドイヤーウエルト製法でつくられた靴の中では、際立って軽快な履き心地。レッド・ウィングならではの、履くほどに深まるレザーの味わいを持ちながら、カジュアルからややドレス寄りまで、幅広いコーディネートに対応します。 #レッドウィング #レッドウイング #オックスフォード #スポーツオックスフォード #1930sスポーツオックスフォード #ss2019

レッド・ウィング ジャパン/Red Wing Japan(@redwingheritage_jp)がシェアした投稿 -





つま先に芯が入っていないので歩きやすい、という反面、型崩れしやすいのでは?という疑問を上げましたが、たしかに履きこむとつま先の形も変化します。

でも、これはこれで、エイジングとしてありではないでしょうか?

レッドウィングのスポーツオックスフォードは、決してドレスシューズではないので、履きこむと現れてくるつま先の ”くたっと感” もエイジングの一部として楽しむブーツです。

逆に一般的なブーツでは味わえないエイジングを楽しめるのが、スポーツオックスフォードの魅力といえます。


以上が、スポーツオックスフォードが数あるローカットブーツの中で特におすすめの理由です。

見た目は、これぞレッドウィングという ”らしさ” を出しつつも、現代のニーズにマッチした絶妙なモデルなんです。






【レッドウィング(REDWING)に関する記事】