耐える人生か選ぶ人生か前向きに「諦める」ことから、自分らしい人生が開けてくる

元メダリスト 為末 大氏の一冊



諦めることはいけないこと。日本人は皆こう教えられて育ってきたのではないでしょうか。

僕はそうでした。小学校から高校までスポーツをやってきた自分にとって、何事に対しても諦めるなんてことは「逃げること」「妥協すること」すなわち、いけないことでしかありませんでした

あきらめちゃダメ、これしか知らなかった。

こんな如何にも日本人らしい凝り固まった「固定概念」を、別の視点で捉える重要性をこの本では教えてくれています。


手段は変えてもいい
多くの人は、手段を諦めることが諦めだと思っている。
だが、目的さえ諦めなければ、手段は変えてもいいのではないか。
この柔軟な視点は重要ですね。仕事で言うと、作業者に甘んじる人は典型的なこのパターンではないでしょうか。

言われた通りのことしか「できない、やろうとしない」。さらには、ちょっとでも責任感がのってくると思考停止しちゃって何もできなくなる。こういう人が僕の会社にもたくさんいる....。


変えられないままでも戦えるフィールドを探す方が重要
人間には変えられないことの方が多い。
だからこそ、変えられないままでも戦えるフィールドを探す方が重要。これも戦略である。
何でも無理に「合わせる」必要はない。自分に「合う」場所を探せばいい。

誰にでも得意、不得意ってありますよね。馬鹿真面目に不得意なことやってることほどむなしいことは無い。フットワーク軽く「得意な方」へ行動できることが大事です。


成長と成功は違う。報われない努力もあることを理解する
つらい時期を耐えたら成長はあるだろう。
でも、成長と成功は違う。この違いに気づかないふりをする罪は大きい。

「自分はどのくらいの確率で勝てる勝負をしているのか」ということを冷静に見なければならない。なぜならその事実を理解した上での努力とただがむしゃらに突き進む努力とでは内容も結果も変わってくる。
「才能じゃない、努力が大事」
一見すると勇気づけられるこの言葉が、ある段階を過ぎると残酷な響きになってくる。この言葉は「すべてのことが努力でどうにかなる」という意味合いを含んでいて、諦めることを許さないところがある。挫折も許されず、次の人生に踏み出すことのできない人を生み出している
そこそこ本気でスポーツやってきた人だと、ものすごくわかる言葉ではないか。

僕が過ごしてきた環境は、とことんがむしゃらにやる事が美徳とされていた。やればやるだけ成長する(うまくなる)と。

でも成功はしなかった...笑

まぁ、ただのへたれでしたが当時「今の自分を冷静に俯瞰して見る」ことができていれば違った結果になったかもしれません。

言い換えれば、「無駄な努力は無いかもしれないが、報われない努力はある」ということ。

現代においては、これを認識するべきなのです。なのに、何の根拠もなく「努力すれば必ず・・・」と小さいころからすり込まれてきたのです。

50年前、100年前はそうだったのかもしれません。でも今は違うのです

技術や仕組みが変化しているのに、思考法は不変だなんてわけがない

キレイごと抜かしてる場合じゃない。無駄な時間を過ごすことによって「変化に置いて行かれる」ことが最もリスクです。

「ダメだったけどよく頑張った」
「頑張ってるんだから給料上げてくれ」

こんなことを平然と言ってる人いますよね。この思考法から逃れられないとかやばいですよ.....。

何かに行き詰っていたり、自分を俯瞰して見ることができていないなぁという人にはおすすめの本です。一流アスリートが海外で体現した「気づき」を共有してくれる良著です。

僕もそうですが、日本人特有の「頑張った精神」に溺れてはいけないなぁと思わせてくれます。