64b023dca16824be12cb70a92bcdfc94


いかにも本気なランニングキャップってかっこいいと思わない。スポーツ感満載で(当たり前なんでしょうが....)、到底ファッションアイテムとはなり得ないデザインばかりで。

形も、浅めの作りばかりで、ファッションアイテムにあるようなベースボールキャップやメッシュキャップといったベーシックな形が何故ないのか疑問でした。スポーツギアになった途端、極端にファッションアイテムから遠ざかるデザイン、形にしてしまうなんて消費者をわかってないよな、とさえ思う。

なんでスポーツギアってかっこよくないんだろうか?とずっと思ってます

この記事内「スポーツウェアがダサい件について」でも書いていますが、スポーツウェアだってお洒落したいと思いつつも、結局そう思えるものがないから妥協してとりあえずそれなりっぽいものを買ってる人多いはずです。

専門店だと本気すぎるので、まずは量販店に行く。そして、量販店の中ではそれなりにお洒落アイテムとしてピックアップされており、無理やり納得して買う。僕はこのような行動・心理でスポーツウェア、ギアを買っていました。

消費財ではないものの買い物って本来、「欲しいものを買う」「ワクワクする、楽しい行為」であるべきなのに、消去法で「とりあえず選ばざるを得ない」という悲しい買い物になってしまっている。

僕らは、スポーツウェア・ギアだろうと日常的に取り入れられることもできるファッション性を求めてます


今回ご紹介するブランドciele(シエル)は、ファッション性を兼ね備えたランニングキャップブランドです。まさに「日常的に取り入れられることができる」デザインです。

ストリートっぽいメッシュキャップやジェットキャップ、サイクリングキャップのようなモデルなど、普段使いにも間違いなくハマる。

そしてカラバリも豊富で良いです。一般的なランニングキャップは、ブラックやグレーといった地味なカラーか、蛍光カラーというセンスのない色使いしかないですから。

スポーツ用品として機能性抜群であることよりも、このブランドのようにファッション性が先に来てほしいのです。

(とは言え、大体イケてるブランドは機能性も申し分ないものですけどね)








スポーツウェアやギアにも「日常着として」というポジションが今、求められています。ものや情報が溢れかえっている世の中において、「量産型」にはもう興味はありません。ファッションの持つ「価値」にフォーカスされるべきなのです。