length-02

シャツ(Tシャツなど含む)の着丈が長すぎると、間違いなくかっこよくないので意識したほうが良いです。短すぎず、長すぎずのこの絶妙な位置が絶対にかっこいい。トップスの着丈にも絶対領域なる”ゾーン”があるのです。

※タックインをする前提の仕様や、オーバーサイズで着るたぐいのアイテムは対象にしていません。

この短すぎず、長すぎずの絶妙な位置については、自分の適正な「着丈〇〇㎝」で把握しておくのをオススメします。ちなみに僕の場合(175㎝65㎏)は、着丈69㎝~73㎝が絶妙なサイズです。

これ以上長いと、どんなにかっこいいデザインのシャツでも、着用した際の見た目がダサいのです。ドメスティックブランドでは、適正なサイズは大体Mサイズ。アメカジ系のブランドだと着丈が短めのパターンが多いので、Mだとちょっと短いかなぁ、ということが多いです。

洋服をうまく着こなすには、まずはこのように自分の適正サイズ(長さ)を知ることが重要です。これを知らずに、ものばかりに目を向けていては、おしゃれにはなれません。

僕なりの持論として、着こなしていない状態=着せられている状態となり、適正なサイズを着ていない状態がまさに「着せられている状態」です。おしゃれとかきちんとしている、かっこいいなどというのは、洋服を「着こなしている状態」なのです。

ユニクロを見ていて気になることがあります。例えばトップスの下げ札には、そのサイズの適正なチェストサイズが表記されているのですが、この「チェストサイズだけ」の情報って参考になるのでしょうか?

僕の経験上、チェストサイズで合わせると、確実に着丈が長いです。例えば、インナー用のTシャツであれば、着丈が長いものなんて絶対にダメですが、ユニクロの適正なチェストサイズで選ぶと、着丈はダメな領域に入る長さであることがほとんどです。

だから、トップスには着丈の長さを表記してほしい。

最後に繰り返しになりますが、ファッションにおけるルール、マナーという意味でも、自分に合った適正なサイズを選択し、洋服を「着こなしている状態」を意識するようにしてみてください。