転職活動では転職サイトだけ使うのではなく、転職エージェントも使うことをおすすめします。

僕自身、数回転職をした中で、

「転職サイトだけ使って転職したこと」

「転職エージェントも使って転職したこと」

両方の経験がありますが、

「転職エージェントも使って転職活動をする」ことをおすすめします。

本記事では、転職エージェントを「使わなかった」「使った」どちらも経験した僕が、「使った」ほうがいいおすすめの理由をお伝えします。

また、転職エージェントのデメリットについてひとつだけお伝えしたいことがありますので、この部分についても詳しく書いていきます。


転職エージェントを使った方がいいおすすめの理由

- 自分の今の市場価値がわかる

転職エージェントへ登録すると、エージェントによるあなたの職歴や経験の確認、それから希望についてのヒアリングの場が設けられます。

日常の中で自分の職歴や経験をじっくり振り返ることってあまりないので、エージェントによるヒアリングはけっこう新鮮です。

また、自分の職歴や経験から求めている希望条件とギャップがある場合、エージェントはマジレスしてくれます。

例えば、職務経歴上どうしても採用される見込みのない高いポジションを希望していた場合であれば、「あなたの経歴上では受かる見込みは低いです」と冷静にジャッジしてくれます。

一方で転職サイトから自分で応募する場合だと、どうしても当たって砕けろ的要素で応募することもありますよね。

そして案の定、理由がわからないまま落とされてしまうものですが、転職エージェントを使うことで、求人に対する適正な見極めができるようになります。


- 非公開求人を紹介してくれる

僕の持論ですが、転職エージェントは物件を探しているときの不動産屋に似ています。

物件を探すときって、まずはネット上で気になる物件を見つけて、不動産屋に内見の申し込みをしますよね。

そして、実際に不動産屋に行き、他にもいい物件がないか確認します。

その際、「まだネットには掲載してないんですけど...」といって非公開物件を紹介してくれる場合がありますが、転職エージェントでもまさに同じことがあります。

ネット掲載前やエージェントの個人的な伝手で持っている求人を紹介してくれることも珍しくありません。


- 企業と給料交渉をしてくれる

転職サイトから応募した場合、給料の交渉をする相手は直接企業になります。

正直、直接交渉する人なんかほぼいないと思いますし、できないと思います。。

一方で転職エージェントを使うことで、エージェントが仲介的に企業と給料の交渉をしてくれます。

これは転職活動において非常に貴重なポイントです。

僕自身も、希望の企業から内定をもらった後にエージェントから給料の交渉をしてもらいました。

その結果、実際はじめに提示されていた給料よりも上がっています。

この恩恵が受けられるだけでも転職エージェントを使う価値があります。

ちなみになぜ転職エージェントが企業に対して給料の交渉をしてくれるのかというと、転職エージェント側は求職者の年収の何%かが自分たちの売上になっているからです。

要するに、求職者の転職後の給料が高ければ高いほど自分たちにとっても、都合がいいビジネスモデルなんです。


- 人情商売である

なんだかんだ言って、僕が転職エージェントを使うことをおすすめする一番の理由はこれです。

結局は、自分も転職エージェントも求人募集している企業も ”人” です

エージェント側もビジネスとはいえ、求職者の思いや熱意によって心が動くものです。

僕はこれまでに何十人ものエージェントに会ってきましたが、真正面から向き合ってくれる担当者からのアドバイスは本当に役立ちました。

転職活動中は、希望の企業に落ちてショックを受けモチベーションが下がることもあります。

また、意地を張ったりして視野が狭くなってしまいがちですが、そんなときのエージェントのアドバイスや存在は心強かったりするものです。

また、担当者と良好な関係を築けば、転職市場の動向を教えてくれたり、特定の企業と関係値が深い方であれば個人的なプッシュが追い風になることもあります。

転職エージェントを使うことは、ある意味それ自体が自分自身のビジネスでもあったりするのです。


転職エージェント唯一のデメリット

必ずしもではありませんが、ひとつだけ起こりえるデメリットは、

相性の悪い担当者がついてしまった場合です。

僕は実際にこの経験があります。

初対面の時点で「なんだかこの人とは合わなそうだなぁ」と感じてはいましたが、見事にダメだったことがあります。

希望の業界、職種を聞かれた後、「お伺いした結果、該当する企業の求人はこちらです」と言われ、100枚はありそうな求人の束が目の前に置かれました。

そして「この中から少しでも興味あるものを振り分けてください」と雑なことを言われました。

この時点でここの転職エージェント使うの辞めようと思っていたこともあり、ちょっとダルくなったので、企業名をパッと見ただけで適当に振り分けました。

ざっと、20枚くらいは興味ありの方に振り分けたと思います。

その場は「またご紹介のできる求人が出てきたらご連絡します」という形で終わったのですが、後日びっくりな連絡が来ました。

なんと、興味ありに振り分けた企業すべてに対して書類選考を進められていて、案の定かなりの数の企業で書類選考が通り、

「書類選考を通過した企業の一次面接を受けてください」と連絡が来たのです。

(一応言っておきますが、こちらの意思確認無しで、20社くらいに書類選考申し込まれていました)

さすがにこのやり方は酷いので、面接を受けたくない企業は辞退する旨を伝えたところ、担当者からは「面接に進んだ場合、そちらの意思で選考辞退することは許されません」と言われてしまいました。

まぁ当然ですよね、エージェントが企業へ推薦したのに、選考を辞退されたらエージェントの面目丸つぶれで、企業から評価が下がってしまいますからね。

仕方なく書類選考通過した企業すべての面接を受けましたが、これが地獄でしたw

毎週のようにたいして興味の無い企業へ面接に行く日々は萎えました...。(改めて求人を見ても今さら興味が湧くわけもなく...)

中には、「エージェントに勝手に申し込まれちゃいましたw」と面接でぶっちゃけたこともありますw

(そしたら「君おもしろいね」と以外に話が盛り上がり、せっかくだから面接はいいから聞きたいことあったら何でも聞いてくださいよ。という神対応をしてくださった企業もありました)

こんなこともありますから、運悪くダメな担当者がついてしまうことがある点は、転職エージェントのデメリットです。

とはいえ、担当者変更を転職エージェント側へ申し出ることはできます。

その際は、きちんとした理由を添えるべきでしょう。

そうでなければ、別の担当者がついたところで、転職エージェント側があなたを良く思わないです。

僕自身は、縁が無かったものとして、その転職エージェントを使わないという選択を取っています。



まとめ

運悪くダメな担当者にあたってしまったエピソードを長々と書いてしまいましたが、デメリットなんてこの程度です。

断言しますが、転職という人生の一大イベントにおいて転職エージェントを使わない手はありません

【転職エージェントを使うメリット】

- 自分の今の市場価値がわかる

- 非公開求人を紹介してくれる

- 企業と給料交渉をしてくれる

- 人情商売である



【転職エージェントでひとつだけ起こりえるデメリット】

- 運悪く担当者との相性が悪い場合がある


おすすめの転職エージェント

今やビジネスパーソンとして、転職を重ねてキャリアアップをしていくことは当たり前です。

転職エージェントを利用することは、その次の転職にも役立つので以下のおすすめの転職エージェントにまずは登録しておけば間違いありません。







マイナビエージェント








type転職エージェント



今回ご紹介している転職エージェントは、業界や年代問わず総合力のある大手です。

そして、大手の中でも特に知名度があっておすすめできる転職エージェントを挙げていますので、登録しておいて確実に間違いありません。