僕自身、10年以上アパレルEC業界で働いていて、これまでに2回転職を経験しています。

その中で多くの転職サイトと転職エージェントを使ってきましたので、その経験から ”今アパレルEC業界で転職するならここ使う!” というおすすめ転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

今や多くのアパレル企業がECに注力していますから、EC業界の転職市場も活発です。

転職はキャリアップするひとつの手段としてとても有効な選択肢ですので、常に転職市場にアンテナを張っておくことも重要です。


転職サイトと転職エージェントの有効な活用方法

まず、求人の探し方については「応募したい求人を転職サイトと転職エージェントサイト両方を駆使して探す」のがおすすめです。

そして、求人への応募は「転職エージェントを使って応募する」のがおすすめとなります。

【おすすめの求人の探し方と応募方法】

・転職サイトと転職エージェントサイトの両方から求人を探す

・気になった求人を転職エージェントへ伝える

・転職エージェントから推薦付きで応募する

この方法を使えば、個人的に転職サイトから応募しただけでは落ちてしまう求人にも、転職エージェントに推薦してもらうことで、一次選考の通過率が上がる可能性がとても高くなります。

実績の乏しい方や知名度の低い会社から転職をする場合、転職サイトから応募をするだけだと、企業側から機械的に落とされてしまう懸念があります。

その点転職エージェントは、 ”あなたを知っている人” が直接企業へ紹介してくれるため、次につながる可能性が広がるのです。


【おすすめ】ファッション・アパレル業界に特化した転職エージェント

業界に特化した転職エージェントは、なんといっても企業とのパイプが太いですから、最もおすすめです。

転職エージェント側もその業界に精通したアドバイザーになるので、安心感のある心強い存在となってくれます。

ファッション・アパレル業界であれば、まず下記に登録しておけば間違いありません。


クリーデンス(CREDENCE)
クリーデンス


ファッション・アパレル業界に特化した転職エージェントで一番有名といえるのがクリーデンス。

サイトを見れば名だたる企業の求人情報がたくさんありますので、アパレル業界で転職活動をするのであれば、まずは確実におさえておきたい転職エージェントです。

f91108f3233175e901db4f88c545b855

サイトの検索箇所では注目ワードに「EC・ウェブ」がばっちりあります。

これはEC業界の求人がよく検索されていたり、求人情報としてホットな案件であるからこその証です。

転職に少しでも興味のある方は、無料である転職支援サービスに登録し、キャリアップのはじめの一歩を踏み出してみましょう。



おさえておきたい大手転職サイト・転職エージェント

転職活動において求人の選択肢を広げておくことは重要です。

アパレル業界特化型ではありませんが、求人件数の多い大手はやはり使って損はありませんので、複数サイトに登録しておくのがおすすめです。


リクナビNEXT
リクナビNEXT

【公式サイト】転職・求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】

転職サイトの最大手であるリクナビNEXTは、求人の数が豊富です。

「アパレル EC」と検索すれば400件以上がヒットしました。(2019年9月現在)

数多くの求人を自らチェックするのもいいですが、「オファー機能」を使い求人探しを効率化することもおすすめです。

非公開求人のオファーもあるので、転職活動の選択肢が広がります。



doda
doda

【公式サイト】転職なら【doda】

dodaエージェントサービスという専門スタッフが、あなたの希望や適性に合った求人のご紹介や、転職活動のサポートしてくれるサービスがあります。

このエージェントサービスを使わない手はありませんので、転職サイトのdodaでいい求人を見つけ、エージェントから企業へ紹介してもらうという使い方がおすすめです。

登録はこちら(公式サイト)



転職サイトだけでなく、転職エージェントも使おう

転職サイトだけを使い、手当たり次第応募をするような転職活動はおすすめしません。

今の転職活動では、転職エージェントサービスを使うのが正解です。

理由は、大きく3つあります。

【転職エージェントを使った方がいい3つの理由】

1. ネット上に無い求人を紹介してくれる

「ちょうど今日出てきた案件があります」といったように、転職サイトに掲載される前の情報をタイムリーに紹介してくれることもあります。


2. 担当者の営業力の恩恵を受けられる

エージェントもその先にいる企業も ”人” です。

サイト上からただ書類を送り、その書類だけの情報で選考される転職サイトとはわけが違います。

時にはエージェントの力によって先に進めるケースもあります。


3.自身のキャリアの棚卸ができる

エージェントは自分の希望に合った求人を探してくれる反面、キャリアプランや条件面が市場的に厳しい場合は、はっきりと教えてくれます。

これは自身のキャリアを冷静に見つめなおすきっかけにもなり、市場の中での自分の現在地を再認識するいい機会にもなります。

これもエージェントという ”人” だからこそ得られる機会です。

このように、転職エージェントを活用することで自身の転職活動の幅を広げてくれことは間違いありません。

あと、企業側へ年収の交渉もしてくれますから、最後まで心強い存在でもあるんです。


【EC業界に関する記事】