女性たちが良く言う「イケメン!」「男前!」に対して、男からすると「え?イケメンと思えないんだけど...」という場面がよーくありますよね?

男的には、顔がきれいに整っているからすなわち「イケメン」「男前」っていう捉え方は、ちょっと違うんですね。

このあたりの感じ方、捉え方について、ものすごーくわかりやすく解説されてるツイートがありました。








どうですか?僕は超納得。

(この方、基本は下品なツイートばかりですw が、多くの人が深層心理で何となく考えたり思ったりしてることをぶっちゃけてくれるところがツボだったりします)

同性としては、顔がきれいに整っているという側面よりも、顔に出る深みや重みに対して「イケメン」「男前」と思えるものなんですよね。



このくだりなんて、普段ファッション誌やサイト、SNSなどを見ているときにめちゃくちゃ感じてたこと。
雑誌の美形おじさんモデルが何だか安っぽ〜い男に見えるのはそれだね、おじさんに美形の要素は要らんよ、ある時期から顔に深みと重み、まぁ苦労と責任が必要なんだよ
美形だけど安っぽい男に見える、これホントその通りで、結局は「滲み出たかっこよさ」みたいなものがないと、いいと思えないもの。

かっこよさとか雰囲気って、生き様から滲み出るものだと思う派です。

男くさすぎる視点なのかなとは思いますが、こういう視点で男を「イケメン!」「男前!」と捉える女性であってほしいと思ったりするものです。