筋トレをがんばっていて体格がいい人にとって「以前買った洋服のサイズが合わなくなる」という問題があります。

鍛えて体が大きくなることは嬉しいものの、持っている洋服が次々小さくなっていくのは悲しいものですよね。

僕は腕立て伏せ、腹筋、ダンベルを使って腕を鍛えるトレーニングを中心に体を鍛えています。

体型は、身長175㎝体重66kgの普通体型で、上半身がちょいと筋肉質レベル(細マッチョよりで、ゴリゴリではない)。

ジムで本格的にトレーニングをしているわけではないこの僕ですら、以前ジャストサイズで着ていたMサイズのTシャツやシャツが窮屈で困っています。

なので、普段からそれなりに体を鍛えてる人にとって「洋服のサイズに関する悩み」はとても多いと思います。


体格がいいからこそゆるいカジュアルスタイルが映える

メンズファッションはピチッとした瞬間終わるでも述べましたが、ガタイがいい人こそ、ゆるいカジュアルスタイルがおすすめです。

決してピチッとはさせず、筋肉ボディこそゆるいスタイルが ”洋服映え” してかっこいいのです。



男らしい体には、 White Mountaineering(ホワイトマウンテニアニアリング)がおすすめ

男らしいファッションといえば、アメカジやルード系といったスタイル(僕も昔はこっち派でした)が代表的ですが、今はアウトドアとストリートの融合的なカジュアルスタイルがおすすめ。

そして、ばっちりハマるブランドが White Mountaineering(ホワイトマウンテニアニアリング)なんです。


以前、がっちり体型の人に似合うおすすめのファッションスタイルとは?でも取り上げたアーバンアウトドアスタイルがありますが、その中でもホワイトマウンテニアリングがおすすめです。

まず、肝心のサイズ感ですが、基本のサイズ設計が適度にゆるい作りになっているので、体格がいい人でも ”こなれ感” が出ます。

ちなみに、僕が言っている「ゆるさ」というのは、オーバーサイズで着るような服装ではありません。

あくまで、自然体のゆるさです。

そしてデザインは、アウトドアを軸にしたいわゆるデザイナーズブランドになり、オリジナルの柄ものが目立ちますが、シンプルなアイテムとうまく組み合わせれば、クセになるスタイルが完成します。

ブランド観を感じながらファッションを楽しめる、そんな表現がピッタリかもしれません。

ホワイトマウンテニアリングもそうですが、デザイナーズブランドって、ひょろっとしたモデルがカタログやイメージモデルなので想像しずらいですが、体格がいい人の方がよりかっこよく映ると思う派です。

筋トレをがんばっていて体格がいい人は、洋服映えする体を手に入れている訳なので、ホワイトマウンテニアリングでファッションも楽しみましょう。

”洋服映えする体” に ”ゆるいカジュアルスタイル”

鍛えている人が手に入れたこの最強の組み合わせを取り入れない手はありません。

まさに鍛えている人だからこそのファッションにおける特権なんです。