メンズファッションは、トップスでもパンツでも「ピチッとしない」ことを心掛けるだけで、印象ってわりと好転します。

偏見込みで言いますが、男の服装でピチッとしている様(さま)って、単純にキモくないでしょうか?

「コーディネートが」とか「系統が」とか抜きに、シンプルに視覚的に

男 洋服 ピチッとしてる

で、

かっこいいとか印象がいいと感じたことがありません。


ジャストサイズとピチッとしてるは違う

身長や体型に対して丁度いいサイズ、つまりジャストサイズという領域がありますが、これとピチッとしてるは別ものです。

ジャストサイズ = ピチッとしてる

ではありません。

しつこいですが単純に、「洋服がピチッとしててかっこいい」ということを聞いたことがないんですが、どうでしょうか...?

このピチッとしてる問題ですが、デブとかマッチョとかガリとか関係なく、どんな体系の人でもピチッとしてたら男の場合はキモいと思うんですね。



マッチョこそピチッとしてない服装を

このピチッと服装って、ガタイがいい人に多いイメージがありますが、こういう体型の人こそピチッとさせない方がいいと思う派です。

はっきり言って、筋肉アピール的なピチッと服装って損しか無いかと。

以下の記事でも取り上げているんですが、がっちりしている体型の方が ”洋服が映える” という事実があるので、私服までトレーニングウェアのようにピチッとさせるのはナンセンスです。



洋服は「何を着るか」ということばかりフォーカスされがちですが、「どう着るか」も同じように大事なことです。

その中でも「ピチッとしない」ことを心掛けることはとても重要な気がします。