カジュアル過ぎてはダメ。パンツは細身でドレスよりなきれい目スタイルこそがメンズファッションのおしゃれです。

とか、

ドレスライクな着こなしをちょっと取り入れるだけで「大人っぽい」「おしゃれ」という評価を簡単に得ることができます。

というような論調がメンズファッションには多いんですが、


いや、ちょっと待ってほしい!

というかだいぶ待ってほしい!

なんだこの「カジュアルなんて...ぷぷぷ...」みたいなバカげた視点は。

僕は、カジュアルファッションが大好きだし、カジュアルファッションこそ ”自分らしさ” を表現できる最高なファッションだと思っています。

とはいえ、ドレスファッション自体は否定しません。別に自分がそういう格好を好まないだけなので。

僕は、「ドレスとカジュアルのバランスが大事です!」みたいな、中途半端ドレスファッションが一番嫌いです。

そしてこの、中途半端ドレスファッションこそメンズファッションにおける絶対的正義みたいに語られている様(さま)に震えます。

まぁ、そういう見せ方、煽り方の方が初心者にはウケがいいのも何となくわかりますが...。

所詮ファッションはある意味、偏見な世界ですからね。

さて、そんな偏見込みで本題である「本当に最も早くおしゃれになる方法」について書きます。

タイトルにしておいて何なんですが、正直、おしゃれって定義できるものではないので、ここでは、 "無難な格好" という視点にします。


ユニクロのSTYLING BOOKを見ろ!

単刀直入に、答えはこれです。

1fa951084d12fc5afa00d9cfe43f3418

8ecbb4c71b1f2d46e3a2722e1a312dc1

STYLING BOOKとは、ユニクロのコーデページですが、はっきり言ってこれを参考にすることが、最も早く無難な格好になれる方法です。

これ以上はありません。

その最大の理由は、無難なカジュアルファッション中心だからです。

これこそが、現実的でちゃんとしている格好なんです。

インフラレベルの洋服であるユニクロで組み立てられたカジュアルコーデこそ、洋服に悩む人が見るべき情報です。

中途半端ドレスファッション界では、おしゃれになるには、バランスが大事だの構築する上でのロジックがあるんですよ、などと語られていますが、そんなもの不要です。

カジュアルファッションであれば、無難にスベらない服装にロジックなんていらないと思います。

ユニクロコーデを参考にしろ!

これだけで十分です。



誰のために服を着る?

もう一つだけ中途半端ドレスファッション界に対して言いたいことがあります。

こっち系の人は、自分のためではなく「相手のために服を着ましょう」という視点なんですね。

これまた僕自身非常に嫌いなことなんですが、俗に言う ”モテファッション” とかってこういったことの延長線上に存在するもの。

何度もブログの中で書いていることなんですが、やっぱり僕の中でのファッションとは、
ファッションなんていかに自分が気持ちいいか、気分があがるかが大事。

恋愛脳的な「異性ウケを狙わなければいけない」というのは、世間の悪しき風潮です。

少し哲学的な言い方をすると、ファッションとは「自分自身の意識に影響を与えるツールや道具であり、自分を知り、自分を引き立たせるもの」です。
これです。

そして、おしゃれっていうのは、
自分自身を理解していて、洋服を着こなしている様(さま)
だと思うんです。

教科書的に作られたものではなく、その人の雰囲気から滲み出たものが本当のかっこよさでもあるはずです。