売れてるミュージシャンは、みんなの憧れや尊敬の的ですよね。学生の頃ハマったり、今でもファンであり続けるミュージシャンもいることだと思います。

まさに ”かっこいい存在” なわけです。



が、必ずしもファッションがイケてる(おしゃれ)わけではない

おそらく、ミュージシャンに憧れてファッション(服装)をマネしたり参考にしてる人っていると思うんですが、必ずしも

ミュージシャン= ファッションもおしゃれ

なわけではありません。

イコールで捉えていたら、それは勘違いってやつです。



勘違いファッションの具体例がこれ

わかりやすくて、そして思い浮かべやすいミュージシャンを挙げますと、

ミスチルの櫻井さん

GACKT(ガクト)

ゆず

このあたりなんですね。

先に言っておきますが、櫻井さんが、GACKTが、ゆずが、総じてダサい!ということを言いたいのではありません。

ミュージシャンとしては素晴らしいし、かっこいいことは間違いありません。が、ファッションがイケてる(おしゃれ)とはまったく思いません。

だって、よく着ていそうな服ってこういうのですよ...。


ピタッとしたシャツ。胸元を絶対に見せる。場合によっては襟を立てる。





カットソーでも果敢に胸元を見せる。



クロスモチーフのネックレス。



もしくはリングネックレス。



ピタッとしたパンツに鋭角気味のシューズ。



バンド系の人たちに多く見られるファッションですが、こういう服装って、はっきりいってダサいファッションの典型だと思うんです。

再度言いますが、ミュージシャンそのものがダサいのではなく、こういう服装を鵜呑みにしちゃってる人がダサいんです。




言うなれば、量産型ダサい。



勘違いのロジックに気づこう

芸能人だからおしゃれ

カッコイイ、イケメンだからおしゃれ

カワイイからおしゃれ

キレイだからおしゃれ

このように、一様(いちよう)で物事を捉えてしまう ”勘違いのロジック” が、ダサさを生む根源なのではないでしょうか。