電車や会社内といった人が集まるところで起きる死活問題、それは体臭です。わりと圧倒的な問題、悩みだったりしませんか?

主には、おっさんの口臭です。


朝から臭い人もいるので、歯磨きをちゃんとすればOK、という次元じゃないような気がします。

そして、口がクサい人で最悪なのが、ミントガムを噛んでいる人です。口のクサい臭いがミントに勝ってしまっているんですね。

そもそもミントガムで隠せる次元じゃないのです。これが混ざると、激臭です。

「まぜるな危険」とはこのことです。

もし、旦那さんがいる女性がこの記事を読んでいたらお伝えします。

「あなたの旦那の口臭が迷惑です。」と。

もう、「クンクンボディ」を使うしかありません。



世界初ニオイ見える化チェッカー「Kunkun body」
ecdf176a4a8e1aee6bd8d8f6ba973c1d

口臭含め体臭は、自覚できないことが大きな問題でもあると思います。

自分が知らない間に、他人にクサいニオイという甚大な害を与えてしまっているのです。

自分自身で「なんか口臭気になるなぁ」と俯瞰できる人なんてごくわずかだと思います。

であれば、コニカミノルタから発売された「クンクンボディ」のようなもので、ニオイを”見える化”するしかありません。

簡単に測定できて、アプリで測定結果を確認可能です。また、結果に応じたニオイの知識や対策法が確認できるところも役立つポイント。

なんなら、会社のオフィスに1台あってもいい代物です。不潔による罪は深いですからね。





高齢化社会が進むと、スメハラ問題も加速する

お年寄りが放つ異臭は、避けられない事実としてあります。

高齢化が進めば、こういったシーンに出くわす機会も当然増えてきますので、自覚できるようにまわりが働きかけたり、問題に向き合ったツールを広めていく動きが重要ではないでしょうか。

※ちなみに、若い人でもニオっている人はたくさんいますので、おっさんに限った話ではありません。

以前どこかの記事で見たのですが、日本は先進国のわりに口腔ケアに関心が低く、外国人からすれば日本人の「口臭」が残念らしいです。

まずは「クンクンボディ」でニオイを”見える化”することが、問題解決の糸口となるはずです。






関連記事:ファッションに「無頓着な男」は高確率で体臭がヤバい説