「一人の力で日経平均を動かせる男」という異名を持つ個人投資家cisという方がいます。

投資をやっている方であればcis氏をご存知の方も多いと思いますが、そんな凄腕投資家の本「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」が発売されたので、早速読んでみました。





本の内容は、投資に関する細かいテクニックが書いてあるというよりも、投資哲学というタイトル通り、cis氏のスタンスや意識が明文化された内容です。

たいした額ではないですが、僕も株などの投資をやっている身分ですので、230億も稼ぐ男の投資哲学を少なからず知ることができたことは、非常に有益でした。

そして、投資をやってるひと以外にも役立つかもしれない視点がこの本にはあるので、僕なりにまとめてお伝えしようと思います。




自分自身に対して”超”合理的な思考

冒頭で「勝つ方法はシンプル」と書いてあるのですが、とにかく状況を冷静に俯瞰し、損切りに長けていることがわかった。

(損切りとは、含み損が生じている投資商品を見切り売りして損失額を確定することです。投資で稼げるひとの多くは、この損切りがうまいことが多いです)

つまり、自分自身に対して「合理的」に物事の判断がコントロールできているのだろうな、と感じました。しかも、”超”がつくレベルで。

以下、本の中で「合理的」と捉えられる箇所を引用します。

今現在買われていることで上がっている、売られていることで下がっているというのは明確な事実としてそこにある。であればマーケットの潮目に沿って行動するのがいちばん勝つ可能性が高い。

「少し下がったところで買う」とか「割安なタイミングで買いたい」とか考えるのは、そもそも発想として間違っている。

まずいのは、自分の失敗、敗北を認められないこと。ここでやるべきなのは、失敗を認めて迅速に撤退すること。つまり損切り。

企業の価値を株価が正しく反映していないと考えるよりも、株価こそが答えであり、世の中の総意として適正だとみなされている筋だと考える方が正しい。

割安とか割高とか、将来この会社は業績が伸びるはずだとか、そういった要素は、自分が勝手に思い込んでいるに過ぎない。勝っている人ほど、短期の値動き、かつチャートや指数組み入れなどの理由がある株を買っていた。「今ある優位性」に張る。

一部の専門用語を省いて引用しましたが、これらは投資の世界だけではなく、実社会でも通ずる内容なのではと感じました。

仕事を含め、日常の中ではたくさんの情報が溢れ、誰かの意見や自分の中に湧き出るエゴなどによって、ものごとを正しく捉えることが難しくなっていると思います。

そうした中で、上述の抜粋した内容を筆頭に、この本を読むと、

自分自身やまわりで起きているものごとを俯瞰すること

そして、それらを

合理的に判断、思考することの重要性

に気づかせてくれます。

「自分の失敗、敗北を認められないことがまずい」

「今ある優位性に張る」

こういう言葉をかいつまむだけでも、日常の中で役立つことに繋がるかもしれません。

もちろん、投資をやっている方でこういうことができていない方にとっては、いい意味で耳が痛い話として有益ではないでしょうか。

(まさに自分がこれ...損切りができないので肝に銘じようと思います。。)





結婚のエピソードがすごい...

本の中では、cis氏の結婚にまつわるエピソードも書かれているのですが、これまたすごいです。

簡単に説明すると、2ちゃんねるの掲示板に「1億2000万持ってます、彼女募集中」というスレッドを立てたところ、3000通くらいメールがきたとのこと。

そして、メールの相手と週3、4日で順に会っていった。

(発想がぶっ飛んでますね...)

さすがに会うというノルマをこなすこと、また、すごい女性もたくさんいたようで10か月やって懲り懲するわけです。

そんな中、打ち切った直後くらいに連絡あったのが今の奥さん。

奥さんは当時、大学院生で就活で東京に来るついでに人生経験程度でメールをしてみたところ、cis氏がこれまであった何百人以上の女性の中でいちばん自分にぴったり合ったとのことなんですね。

(これだけでドラマ化できそうなストーリーです)

そして、奥さんが決して金目当てじゃないんだろうなというエピソードがまたいいんですね。

結婚指輪を買ったときに、なんでも好きなのかっていいよと言ったけど、妻が選んだのは10万くらいのもの。それ以上高いものを買ってあげたことは今に至るまでほとんどない。

ライブドアショックで5億円損したときも、「あらあら」みたいな。僕もお金を使うことには興味がないので、そういうところで気があったのもよかったのかもしれない。

まさに、出会いから含め、こんなことわざがぴったりではないでしょうか。

縁は異なもの味なもの(えんはいなものあじなもの)

男と女を結びつける縁は、常識では計り知れないほど不思議なものという意味です。


株などに関する投資だけではなく、ライフハックとしても参考になる視点が多いので、230億円を稼げる男の哲学をのぞいてみるのも悪くありません。