AV男優しみけんが、「モテる人」と「嫌われる人」の差というタイトルで書いたブログが、私生活のみならず、ビジネスにおいても非常に重要な内容だったので、必読です。



しみけん氏の実体験で、端的にわかりやすくコミュ力が無い人がどんな人か書かれています。

誰がどこからどうみてもマッチョであるしみけん氏に対して
「ジム行ってるんですか?」

「鍛えてるんですか?」

「プロテイン飲んでるんですか?」
という第一声を掛ける人。

これをしみけん氏は、
この言葉、実は「気遣いの感じられない言葉」なんです。

でも本人はそれに気づいておらず、良かれと思って言っているので

平気で鈍器のような言葉で殴りつけてくる。
と、非常にわかりやすい表現で言い表してくれています。

これには共感しかない

日々、営業的な仕事をしている自分史上、今年一番うなずいた話と言えるかもしれません。


ビジネスシーンでも同様のことがいくつも思いつく

よくあるシーンを挙げてみます。
社内で「忙しい?」とか、客先などで「最近忙しいですか?」
と、テンプレート通りのこの言葉ってぶっちゃけウザい!

あいさつ的な意味合いで何気なく言われるしょうもない言葉の代表です。

残業に対して「最近遅いね」とか「いつも遅いね」
と言ってくるやつ。

上司が部下にこういう言葉を当たり前のように言っているシーンによく出くわしますが、クソ上司確定ですよね。

なんで他人事なの?

ランチに誘っといて、「どこ行く?(どこ行きます?)」
これもうざいですよね。

上司や同僚、部下関係なく、誘った側として「なに食べたい?」と聞くなら百歩譲っていいとして、「どこ行く?」って聞き方は、まさに「気遣いの感じられない言葉」です。

普通に失礼でしょ。

飲み会の場で「飲んでる?」
って聞いてくるやつ。

もう、アホですよねこれ。クラブでのナンパでもこんな声掛けするかよってレベルです。

久々に会った知人が言いがちな、「痩せた?」
元々太っていて明らかに痩せたのであれば別ですが、そもそも太ってないのに言う人いますよね。

まさに、鈍器のような言葉で殴りつけています。



よくしゃべるとか、人当たりがいいとか、そういうことと、 ”本質的にコミュニケ―ション能力がある” ということは別ものです。

何気ない一言かもしれませんが、意識を持った言葉のチョイスを心がけましょう。


僕個人的には「八方美人」が苦手です。

解釈は人それぞれでしょうが、

”上っ面だけで本質的な議論に対しては、まったく力を発揮しない”

こんな傾向の人が多い印象です。