インナーに欠かせない無地Tシャツ。各ブランドから「Tシャツ 3枚セット」として定番品にもなっているアイテム。

その中でも、2大ストリートブランドのネイバーフッドとダブルタップスの無地Tシャツは気になる方も多いでしょう。

そこで、両ブランドのパックTシャツを1年間着てみた結果、「どちらが良いか」を教えます。

一見、どっちも同じアイテムと思われるかもしれませんが、けっこう違いますので、参考にしてみてください。

※2017年の夏に購入したアイテムでの比較になります。
(おそらく、今でも生地やシルエットなどの作りは変わらないはず)

DSC_0095

NEIGHBORHOODはホワイトを、WTAPSはグレーを購入。

早速、比較をしてみる。



素材や生地感

DSC_0094

NEIGHBORHOOD(ホワイト) ⇒コットン100%

WTAPS(グレー) ⇒コットン90%/ポリエステル10%

実は、素材から違うんですね。

生地感でいうと、NEIGHBORHOODは薄っぺらく感じるため「ザ・インナー」という感じ。

ポリエステルが含まれているWTAPSの方が、若干ですが肉感を感じることができます。

そして、Tシャツに肝心な首周りの耐久性は、WTAPSの方がタフで、NEIGHBORHOODの方がよれ易いです。



タグとロゴ

DSC_0097
NEIGHBORHOODは、左袖にロゴが入る。
(現行の写真をWEBで見たところ、もしかしたら2018年から入っていないかもです)

DSC_0099
WTAPSは右裾にロゴが入る。

DSC_0098
WTAPSにはタグがありませんが、NEIGHBORHOODには右裾の内側にタグが付きます。

個人的に、これが嫌!

このタグって切るものなのかもしれませんが(僕はこういうの切れない性格...)、ここにタグ付いている時点で、かなりのマイナスポイント。

このディティールに出くわすたびに、なぜここに付けるかなぁ...といつも思ってしまいますね....。



パターンとシルエット

DSC_0096

同じサイズですが、重ねて並べると一目瞭然。袖丈が、NEIGHBORHOODの方が圧倒的に短い。

着丈はほぼ同じです。

着用時の着心地については、コットン100%のNEIGHBORHOODはゆったり目で、ポリエステル混のWTAPSは、若干のタイト感となります。

僕は、身長175cm体重66kgのちょっと筋肉質の体型で、両ブランドともSサイズを着ています。

Mサイズでもいいのかなとは思いますが、あくまでもインナー用として「着丈が長くならないこと」を意識してのSサイズにしています。

インナーであればユニクロもSサイズを着ていますので、ご参考頂ければです。

いかんせん、NEIGHBORHOODの方は、袖丈が短すぎますね...。



個人的にはWTAPSをおすすめします

ブランドとして「どっちが好きか」という気持ちは置いておいて、純粋に「無地Tシャツとしてどっちが好みか」を判断するなら、僕はWTAPSの方です。

パックTとはいえ、8,000円弱しますし、長持ちする方が良いので、生地感やシルエットというところでWTAPSに軍配が上がりますね。

NEIGHBORHOODの方が、より”下着感”を感じるのが比較した結果です。