身だしなみとは服装だけのことではありません。肌も重要です。

肌もファッション同様に、きちんとしていないより、きちんとした方がいい。

そんなことは当然分かってはいるものの、大人になってもニキビをはじめとした肌荒れに悩まされている人は多い。

僕もそのひとり。

そこまでひどい状態ではないが、市販されているメンズコスメをいろいろ試しても満足のいく結果は得られず、鏡を見る度に「うーん...」と、微妙に嫌なストレスを感じていた

そんなときに思うのは、「ドラッグストアに売ってない、ネットでしか買えないような高いコスメって果たして効くのか?」ということ。

安ものでダメなら金かければ解決するのか?そんな気持ちにもなるわけです。

そこで、

一回くらい高いものを試してやろうと思って買ってみたのが、ZIGEN (ジゲン)です。


結果から言ってしまうと、よかったです。

一年くらいリピートしているので、肌ケアに悩んでいる方、さらにはファッション同様に肌ケアにもこだわりたい方向けに、メンズコスメZIGEN (ジゲン)を紹介します。



メンズだって肌状態によるデメリット、メリットがある

まずは、肌について考えてみる。

◯肌荒れによるデメリット
-肌が気になることによるストレスが生まれる
-見た目的な印象が悪い
-老けてみえる


◯肌がきれいなことによるメリット
-きれいな状態であることで自信が持てる
-見た目的な印象が良い
-若くみえる
-もっときれいになりたい、健康でありたいという向上心が生まれる

ざっとですが、このようなことが挙げられる。

(特に最後の"向上心が生まれる"という部分については、後ほど詳しく述べます)

特に30代を超えてくると、肌ケアしているかしていないかで「見た目的な年齢」に大きな差が出てきますので、甘く見ない方がいいです。

このように、肌状態による良し悪しを挙げてみると、スキンケアとファッションは、意識することの重要性という部分で非常に似ているものである。

見た目的な印象はもちろん、スキンケアも自分を引き立たせるものです。




(こんなツイートもあります...)


※これから、僕がZIGEN をおすすめする理由を書いていきますが、以下を前提に書きます。

・口コミサイトにあるような「成分がどうで」「ビフォーアフターはこうで」というようなことは書きません。

個人的に詳細な分析、うんちくをつらつらと書きたくないということと、あくまで僕自身使った結果として肌状態が良くなり満足しているので、効能分析のような視点ではないところでのおすすめポイントをお伝えします。



ZIGENはオールインワンで便利

さて、ZIGEN をおすすめする理由のひとつは、一本で楽にケアできる点。

ジェルタイプでサラッとしているため、短時間で手入れが済みます。

毎日のことだからこそ、オールインワンタイプのありがたさは重要です。



実際、一本で2ヶ月以上持つ

公式的には、フェイスジェル一本(100g)で約2ヶ月分と書かれていますが、実際のところもっと持ちます。

というのは、実生活でリアルに朝晩毎日欠かさず塗れないよね、と思うわけです。

もちろん、毎日欠かさずケアできることがベストですが、

夜遅くまで飲んで帰ってきて、そのまま寝てしまうことありますし、どうしてもケアする時間をすっ飛ばしてしまう日が日常のどこかにはあるもの。

だから、結果的に一本で2ヶ月以上は持つ。

「毎日塗らなければいけないもの」という変なプレッシャーを感じるよりも、「まずは週3でもやらないよりはやった方がいいよね」という感覚でOKです。

まずはこれくらいの気構えの方が長続きすると思いますし、週3でも効果は実感できるはずです。



安い市販のもので満足できていないなら、多少投資してしまった方が”日々のわずらわしさ”から解放される

スキンケア一本で約4,000円ですから、決して安くはありません。

僕も数百円の市販ものを買っていた身分ですから、とんでもないコストと感じ、購入するのに一番躊躇したポイントでもある。

しかし、いいものを知らずに安物でいつまでも効果を実感できずに、ウジウジしているのは、ストレスでしかありません。

このストレスから解放されたい。

そんな”わずらわしさ”から解放されるべく、えいや!と、一発試してみた結果

4,000円 > ストレス

4,000円投資した方がいい、という結論に至ったのです。

いわゆる、投資対効果は高い。

「スキンケアに2ヶ月で4,000円の投資をする」

これは良い投資です。



高いものを使うから”より”肌ケアを意識するようになり、生活の質を上げることに寄与する

序盤で、肌がきれいなことによるメリットで挙げた

「もっときれいになりたい、健康でありたいという向上心が生まれる」

これが一番重要。

肌がきれいになる、すなわちそれは健康的であるということです。

そうすると意識は肌だけではなく、今度は「運動をがんばろう」「食事にも気を使おう」「睡眠をしっかりとろう」と、生活の質を向上させることに繋がるかもしれません。

スキンケアをフックに、あらゆることに意識が芽生え、相乗効果が生まれるのです


ZIGEN (ジゲン)を買うこと・使うことは、目的ではなく手段です。

「自信を持てるようになる」という目的を叶えるための手段として、ZIGEN によるスキンケアがおすすめなわけです。



ファッションもスキンケアも自分磨きとして楽しむものである

何かをきっかけに、そのことが趣味になったり好きになったりすることがある。

時間も忘れ没頭できたり、楽しめている、がんばれている、こういった「ゾーンに入った状態」になると、よりがんばろうと継続的な努力に繋がります。

メンズだってスキンケアと向き合うべきです。きちんとしていないより、きちんとした方がいいに決まっていますから。


最後にファッションの話しを。

ファッションに無頓着だった主人公が、ファッションを意識し、好きになっていくストーリー漫画「服を着るならこんなふうに」は、自分磨きの重要性をとてもわかりやすく描いたおすすめの漫画です。

上述の「ファッションもスキンケアも自分磨きとして楽しむものである」ということの意味が、この漫画でわかるはずです。