おしゃれしたい、かっこよくなりたい、けど「何を着たらいいかわからない」。そんな悩みを抱えている人はとても多い。

流行のアイテムやおすすめのコーディネートテクといった情報は、雑誌やウェブ上でいくらでもインプットすることができる。

しかし、これだけ情報がありながらも自分に似合う洋服がわかることはなく、結局「何を着ればいいかわからない」という人は多いのではないでしょうか。

それはきっと、ファッションの組み立て方を理解していないからです。



まずは「ファッションジャンル」を明確に定めるのです

細かいコーディネートテクやアイテムの選び方の前に「ファッションジャンル」を明確にしているでしょうか?

(ここで言うファッションジャンルとは、系統・テイストと同義です。いわゆる〇〇〇系ファッションと表現される〇〇〇の部分を指しています)

最終的に「どうなりたいか?」をイメージせずに、いきなりアイテム単体やコーデの細かいテクニックばかりを追いかけていても、いいモノは完成しません。

ファッションは点から先に考えてはいけません。点の集合体によって全体ができあがるわけなので、まずは全体像を先に考えるのです。

こうなりたい、ああなりたい、そのためにはこれを選ぶ、着るという流れです。

「何を着ればいいかわからない」という人は、どうなりたいか?がそもそも見えていないのではないだろうか。

その「どうなりたいか?」は、「どういうファッションジャンルにするか」を定めることで解決されます。



ファッションジャンルを確立することで雰囲気が生まれる

ファッションは、全体のバランス統一感雰囲気がとても重要です。

そしてそのバランスや雰囲気は、ファッションジャンルによってばらばらです。

全体的にこういうファッションジャンルだ。ということを定めずに、ただただ何となく洋服を組み合わたスタイルには雰囲気がありません。

逆に、ファッションジャンルを確立させたうえで、アイテムの選択やコーデを組み立てていくことで雰囲気のあるスタイルが完成するのです。

そして、この雰囲気こそが”かっこいい”とか”おしゃれ”を創り出すのです。


何を着たらいいかわからないというネガティブ思考が、「こうなりたいからこれを着る」というポジティブ思考に変わった時、ファッションの楽しさに気づくはずです。