KREVAはファッションセンスもあり、おしゃれだと思う男のひとり。しかも、Y-3(ワイ・スリー)をはじめとしたモード系ファッションを見事に着こなしている。

モード系ファッションといえば、独特のシルエットやパターンで、ある意味トリッキーなスタイルに見えるファッションカテゴリ。

011e161865c53924e71f65bab18fa24b

こちらは「メンズ モード系ファッション」でググってヒットした画像。一般的にモード系といえばこのようなスタイルを指します。

はっきり言って、このファッションが似合う人などいるのか!?とさえ思ってしまい、僕個人的には嫌いなジャンルです....。

全身ブラック、胸元が開いているカットソー、極端に細いパンツ、極端に太いパンツ、ぶっ飛んだデザインといったイメージで、まさにトリッキーな様ではないだろうか。



しかし、KREVAは似合う
d3f572f19ce3869684ffdf9f626f0a26

わかりやすい一言でいうと「キモくない」のです。

自分が好きではないファッションジャンルということもありますが、、男から見てモード系ファッションってキモいんですよね....。

だけど、クレバはこのキモさを一切感じさせることなく、うまくモード系ファッションを着こなしている

洋服を着せられているのではなく、着こなしていて”様”になっているのです。



自分を理解し、男らしくて”なよっと”していない

洋服を”着こなす”ために非常に重要なことは、自分という人間の雰囲気を俯瞰して理解できているか、です。

自分には何が似合うか?どう表現したいか?が、自分の中で理解できていてはじめて、表現できるのです。それがあるから洋服を着こなせるわけです。

クレバはアーティストとしてはもちろんですが、ファッションにおいても上述したことが長けているのです。


また、男がそもそもファッションが似合う前提として「スタイリッシュでなよっとしていなこと」が挙げられる。

僕が視覚的にモード系が嫌いなのは、洋服どうこうではなく、そもそも着ている人が”なよっと”しているからなのかもしれない。

モード系の男は大抵、色白でひょろっとしていて”なよっと”している印象が強い。

そのような男たちが冒頭で述べた「全身ブラック、胸元が開いているカットソー、極端に細いパンツ、極端に太いパンツ、ぶっ飛んだデザイン」を身にまとっている姿がダサい。




元も子もない話かもしれないが、クレバは洋服映えするスタイリッシュさを兼ね備えている。

あと、クレバというブランド人が醸し出す抜群の雰囲気がY-3をはじめとしたモード系ブランドと相性がいいのかもしれない。