ダサいの代名詞でもあるワンショルダーバッグやボディバッグ。休日ともなれば、イケてない男たちがこぞって背負っています。

サイズ感的に使い勝手がいいのはわかりますが、あの形はカッコ悪い。それと、あまりにも”ダサい”というレッテルが貼られていますから、意図的に避けるべきです。

どうしても小物入れに最適なバッグが必要であるならば、サコッシュを選びましょう。


※画像をクリックすると商品ページへ飛びます



※画像をクリックすると商品ページへ飛びます

今流行りのアイテムでもあります。

サコッシュとは、元々自転車のロードレースで使われていた、たすきがけの袋のことです。それがフェスをはじめとしたアウトドアシーンから、一気に街使いのファッションアイテムへ昇華しました。


※画像をクリックすると商品ページへ飛びます

サコッシュにも大小様々なサイズがありますから、自分にちょうどいいサイズ感をチョイスすれば、ワンショルダーやボディバッグ同様の役割は果たしてくれます。

同じ小物入れバッグとして、ファッション視点でワンショルやボディバッグは”なし”ですが、サコッシュは”あり”です。


少し話がそれますが、以前書いた「【必見】メンズのダサいファッション具体例まとめ」この記事が検索経由でよく読まれているのですが、

圧倒的に検索されているワードが

「オロビアンコ ダサい」

なんです。

上述の記事の中で、ワンショルダーバッグやボディバッグの代表的ブランドとしてオロビアンコを取り上げていて、この結果を見ると、オロビアンコってやっぱりそう思われているんだ....ということが改めて見えてきました。

記事中でも書いていますが、オロビアンコというブランドイメージ自体を悪くしているのは、「ダサいバッグであるワンショルダーバッグ、ボディバッグブランドといえばのオロビアンコ」が、ブランドイメージだからです。




ワンショルダーバッグやボディバッグを使っている多くの人が、えせヨーロッパ的な格好をしているように見受けられるんですが、いわゆる「ファッション童貞」感が満載なんです。