スポーティーな格好の代表であるアスレジャーファッション。ファッションとライフスタイルが強く結びついた注目のシーンです。

アスレジャーは、ヨガやフィットネスシーンのスポーツウェアに”ファッション”というエッセンスが注ぎ込まれた、今や新たなファッションカテゴリとして市場を築いています。

しかし、ファッション好きから言わせれば、デザインやファッション性という部分がどうも味気ない

6126a5703cda49e5046302c7aef6f943

アスレジャー最大の特徴は、歩く、走る、漕ぐ、登るといったアクテビティシーンで使える機能を搭載した服を日常着へ取り入れるファッションスタイル。

上の画像は、「アスレジャー メンズ」で検索して出てきた画像であるが、”いかにも”と言わざるを得ない、いわば量産型スタイル。

アスレジャーに興味を持った人たちは、おそらくみんなこういう格好を目指すのでしょう。

ノームコアという”普通であること”が良しとされてきた風潮からの流れなのか、上の画像のようなスタイルを見ると、ファッションとしてはつまらないなぁと感じてしまいます。

まるで、スティーブジョブズやマークザッカ―バーグのような「いつも同じ格好をしている」くらい、ファッションとしてはつまらない。

洋服やファッションにおける楽しみって、デザインやどこかエッジの効いた要素こそに宿るモノだと思う派なので、

とにかくシンプル
とにかく無地
とにかくスマート

という味気なさの塊のようなアスレジャーファッションはつまらない。


とはいえ、機能性のある日常着自体はこれからも注目され続けていくファッションシーンであることには完全同意です。

僕同様に「今のアスレジャーって微妙だなぁ」と感じているファッション好きで、洋服×機能というカテゴリに興味のある方におすすめしたいのが、アクティビティを背景にした「機能服シーン」です。

今はまだまだ小さなムーブメントですが、大手スポーツメーカーじゃないところで、アクティビティシーンを「デザイン」や「ファッション性」の力で盛り上げようとする状況が生まれていることは確かです。

「自分が欲しいモノを作る」というスタンスで、デザインにこだわるブランド達が出現してきているので、

大手スポーツメーカーがつくってきたアスレジャーファッションよりも”はるかに楽しい”ファッションシーンになることは間違いありません。


以下の記事で上述してきたデザイン性のある機能服ブランドをまとめていますので、是非見てみてください。

本気でおすすめできるブランドですので、ファッション好きはマジで押さえておくといいですよ。