タイト目かゆったり目か?など、どんなクロップドパンツを選べばよいか迷いますよね。まずは適正な”シルエット”と”丈の長さ”を押さえることが重要ですので、失敗しない選び方を教えます。



細すぎるシルエットと短すぎる丈はNG
NG

かっこよくない代表例がこちらです。すべて細すぎ、短すぎです。

着用モデルが細いということもあるかもしれませんが、メンズのタイトなパンツはキモくなりがちなので本当に避けた方がいいです。

また、クロップドパンツは七分丈が代表的な丈の長さになりますが、これでは膝下過ぎるため、一見丈の長いハーフパンツ感がでてしまうためダサいです。

これはよく大学生的なダサファッションでよく見かけますが、右下の画像のようにロールアップした裏地がチェックなど別の柄になっている仕様は、絶対に避けてください。

これでは、ファッション童貞感が出てしまっています



太すぎず細すぎず、そしてアンクル丈くらいが無難。なんならちょっと太目くらいが調子良い


シルエットはこれくらいゆるいものを選ぶことをおすすめします。

その中でもポイントは「テーパード」です。

全体的にはゆったり目でありながらも、裾にかけてテーパードがかかっているシルエットであれば穿く人を選ばない、おしゃれアイテムとして受け入れられます。

丈に関しては、くるぶしよりも少し上くらいの八分丈、九分丈を選んでください。

膝下過ぎると”小僧感”が出てしまいますが、これくらいの丈感であれば自然に見られます。



大人気のグラミチ「NNパンツジャストカット」はギリギリあり

今ファッションシーンで大人気のグラミチ「NNパンツジャストカット」は、シルエットとしてはギリギリセーフ。

なんとしても細身できれい目感を出したいのであれば、このグラミチパンツを選んで頂くことをおすすめします。ストレッチ入りのため、快適さは保障されていますので。


デニムやチノパン、スラックスなどあらゆるパンツの丈が短めで穿くことが主流になっている今、さらに丈感に変化を付けたクロップドパンツは一本持っていると重宝します。

職場にショーツを穿いていくことはさすがに気が引けても、クロップドパンツであれば問題ないと思います。

さすがにショーツまでとはいきませんが、ロングパンツよりも涼しく快適に過ごせることは間違いありませんので、ぜひ失敗しないクロップドパンツ選びをしてみてください。